--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-29(火)

お兄ちゃんのラジオ出演

日本に帰ってきました~ もうすでに湿度が高いですね(^-^;)

今日はこれから久しぶりのさといもミニコンサートに行ってきます。
また後日ミニコンサートの感想を書きますね。

それと!今日の午後2時20分から広島Pステーション「広島すまいるパフェ」に兄がラジオ生出演します!
DJは水田薫さん、FM76,6チャンネル、さといものことや妹まさこのなど、内容の濃いぎゅっと楽しめる10分間になると思うので、ぜひぜひ皆さん聞いてね

広島ブログ
スポンサーサイト
2008-04-25(金)

むかし話とわらべ歌 フルート吹きのうらしま太郎

もうすぐゴールデンウィーク !
のその前に、
5月2日のさといもの会プルズコンサート !

プルズは毎年テーマがあり、
構成や曲目、
そしてプログラムの表紙絵も
その年のテーマに沿ったものになるよう心がけています。

プルズコンサートのプログラムの表紙絵を、
快く引き受けて描いてくださっていた O先生。
O先生の楽しく独創的なイラストが、
毎年プルズをあたたかく支えてくれていました。
そのO先生から引き継いで、
3年前から次女が表紙絵を描かせてもらっています。

今年のテーマは 「むかし話とわらべ歌」。

年末年始と日本に帰省していた時、
さとぱぱが広島美術館で開催されていた
「幕末浮世絵アラカルト」へ連れていってくれました。

まさに大江戸の賑わい ! といった感じで
(実際、会場内は超満員でした )
展示作品もとても興味深く、
ぜひもう1度開催してほしい-!

その「幕末浮世絵アラカルト」でニッポンの芸術を思いきり堪能した私....
その後今回の表紙を描いたので
なんだか面白い絵になりました。


フルートの上手な浦島太郎さんが玉手箱を開けると、
中からもくもくとした煙と共に音楽が流れてきて.....


さとぱぱが、本職の合間にがんばって書き上げたプルズのプログラムも、
もうすぐKさんの印刷で素敵な姿になって登場します。

さといもメンバーのみなさん、
出演者のみなさん、
プルズの用意はいいですか ?

当日会場にお越しのみなさん、
プログラムも楽しみのひとつに、ぜひお出でてくださいね。


近々、兄がラジオ出演してプルズの宣伝をするようなので、
また詳しいことが分かったらお知らせします。

私は今日から数日ほどブログの更新お休みします。
次回は、日本からの更新になります
ほいじゃあ !


広島ブログ

2008-04-24(木)

さよなら、さよなら、さよなら

2008年(平成20年)4月15日 各店舗の正面口外壁に掲げられていた、毎正時に「イッツ・ア・スモールワールド」が演奏されるからくり時計の運用を、
老朽化を理由として保持する全店舗で終了。 翌日より時計および鐘のみとなる。 
このため「おにんぎょうたちは、おやくそくでおうちにかえることになりました」の案内板を掲示。


え~ 本当に ? !

....さみしいの~。


人形時計を保持する全店舗で終了、理由は老朽化したため、

なぜ新しいからくり人形を作らないんだろう ?

もし、
時代に合わなくなったのが本当の理由だとしたら
とっても寂しい。


かつて、街の人気者だった そごうのからくり人形時計。 20年間楽しい思い出をありがとう。

広島そごう からくり時計 最後の12時


広島ブログ
2008-04-23(水)

ピアノマン

去年の春~夏に見かけた "ピアノマン" が今年も街に姿を現しました。


彼の何がすごいって、

グランドピアノを持ち運び してること !


頑丈なコロ付きの台の上にグランドピアノを乗せて、
どこからともなく現れて、
演奏が終わると ピアノを押して去っていきます。


去年の夏頃
ドイツのピアノマン07



今年の春先
ドイツのピアノマン08



広島ブログ
2008-04-22(火)

走ることの意味、Gちゃんの場合

線維筋痛症という病気を知っていますか。

ネットで検索すると色々出てきますが、
"線維筋痛症とは、
全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気 " 。

原因不明、
通常の血液検査などでは何の異常も見られず、
治療法も確立されていません。

実は、Gちゃんはこの病気と何十年も共に生きています。

Gちゃんの体は、
24歳の時に線維筋痛症を発症して以来、
四六時中鋭い痛みが体中に走っています。

外傷はないので周囲の人から
( 時にはお医者さんからも ! ) 理解されにくく、
"しばしば怠け病や詐病と周囲に誤解され"
精神的にも辛い思いをするようです。

主な疼痛症状に伴い、
頭痛、微熱、倦怠感、頻尿、関節痛、目の痛み、
全身のこわばり、不眠、悪夢、脱毛、
リンパ節の腫れと痛み、筋力の低下、筋肉の激しい疲労.........等を伴い、

患者は「死に至る病ではないが、死んだ方がマシな程の痛み」と表現するようです。
( 詳しくは、このページを読んでください。)


英語ではFibromyalgia、 Fibromyalgia Syndrome 等と言い、
初めてGちゃんからその病名を聞いた頃は、
正直よく理解できませんでした。
だって、日常生活が困難になる患者さんもいる中で、
Gちゃんは一見健康にみえます。

そんなGちゃんも、
線維筋痛症を発症した当時は生まれて初めて経験する痛み、
本人いわく
「全身をハンマーで殴られているような」 痛みに襲われて
恐怖と不安、
そして激しい痛みを引きずりながら、
這うようにして仕事へ向かう苦しい日々だったようです。

そんなある日、
会社の昼休憩にジョギングをしている同僚に目が止まり、
鋭い痛みのために "走るなんてとんでもない " という状況だったGちゃんが
衝動的に 「自分も走りたい ! 」 という思いに駆られて.......。
明くる日から、
その同僚と一緒に昼休憩の間ジョギングをするようになりました。

時間が許す限り、
何周も何周も走り続け、
体の痛みでかいていた冷や汗や、苦しい汗とは違い、
久しぶりに味わう爽やかな汗を感じられた Gちゃん。

もちろん、走っている時にも常に全身が激しく痛んでいましたが
走っている最中は束の間でも痛みを忘れることができたそうです。

それに気付いたGちゃんはすぐにランニング用のスニーカーを買い、
会社の昼休憩だけじゃなく
仕事が終わって帰宅してからも毎日毎日走り続けました。

"走っている最中は束の間でも痛みを忘れることができる ! "

それから Gちゃんはたくさんのマラソン大会に挑戦していきます。

ロンドンマラソンに4回、
スウェーデンのヨートボリ ハーフマラソンとフルマラソン、
アメリカのデトロイト マラソン ....

全て完走しました。


痛みがなくなることはないGちゃんの体ですが、
痛みを少しでも忘れられる方法を見つけたGちゃんは
生きることに希望を持てるようになったようです。


gruning0809
2008-04-20(日)

サプライズの路上 地下ライブ

きのうの夜、ドイツの地下で起こっていたこと......


それは、路上 地下ライブ




ビールやワインを片手に、
通りすがりの人もいつのまにか輪に加わって

とても楽しい一時でした。


喉がつぶれるまでえんえんと歌って盛り上げてくれた
イタリア人歌手のジーノさん
ありがとう !


素敵な一期一会にありがとう。


"バイバイ マイ ラヴ ~、

アウフ ウ゛ィダゼーン ~ "



......地下から路上へ出てみると、
美しい満月が夜空に浮かんでいました


広島ブログ
2008-04-18(金)

春の無料音楽会 = プルズコンサート

久しぶりのブログ更新になりました、次女です。
わたくしごとですが、今週もいろんなことがありました。
中でも強烈だったのが食中毒 ? で苦しんだこと。
呼吸困難になるやら、トイレから離れられなくなるわ、2年前のノロウィルスの時よりはるかに恐ろしい経験でした。
これから暑い日も多くなってくるし、口にするものには気をつけましょうね。
( 私はうっかりが多いので本当に気をつけようと思います....)


さてさて、毎年春に開催してきたプルズも今回で9年目を迎えます。
さといもの仲間を始め、これまで多くの音楽愛好家に支えられこうして続けてこれました。
妹、まさこの初コンサートが盛況にできたことにしてもそうですが、今までさといもで培ってきた人たちとの繋がり、両親やまさこ、家族が大切にしてきた友人や恩師の方々....。
みなさんのあたたかい応援なくして、さといもの会、そして私達さとファミリーが愛して止まない音楽は続けてこられなかった、そう確信して感謝の気持ちでいっぱいです。

プルズについて言えば、さといもの会の年中行事の中でも1番大きな舞台になるので、それだけ多くの人の力が必要になってきます。
舞台に立って素敵な演奏をしてくれる仲間はもちろんのこと、舞台裏や受付けでスタッフとして協力してくれる仲間の存在はいつも大変ありがたいです。


さといもの会プルズコンサートまで1ヶ月を切りました。
私もプルズまでに帰国して、微力ながらいいステージになるようお手伝いするつもりです。

みなさん、ぜひぜひプルズコンサートにお越しください。
そして、幅広いジャンルのさといも音楽、さといもステージを楽しんでくださいね


広島ブログ
2008-04-16(水)

宮島にお花見に行ったこと

おはようございます。
さとファミリー三女まさこです。
まこは、音楽ボランティアさといもの会もしていますが、西区にある地域で生きる教育とくらしをめざす会のボランティアにもはいっています。
その、めざす会の仲間には、いつも優しくしてもらったり、いろいろなこと教えて下さったり、とても楽しいです
その仲間で4月6日(日)春のレクリエーションで宮島へお花見に行ってきました。
宮島の桜とてもきれいでした !

sakura

お花見の時、めざす会の仲間には色々心配をかけてしまって。
あの時は、宮島のお土産やけんだまのおもちゃをずっとみつめていた為歩くのがおそくなってしまいました。
仲間をさがしに、まこ1人で宮島水族館の中にはいっていたのです。
宮島を1人で歩いていると、色々な外国人に会いました。英語で「日本語できますか?」ときくと
その優しい外国人が「はい日本語できますよ」と答えてくれたのです。
その、色々な外国人と日本語で色々な話しをしました。

宮島水族館にむかう途中でフルートをふいている外国人をみかけました。
フルートストリートライブしていたんです !
フルートのNさんではありませんが、とても優しくてかっこいい方でした。

めざす会の仲間と一緒にいると本当に楽しい嬉しいきもちになります。
いつもまこに優しくしてくれているみんなに感謝してます。
これからもいろいろなことを教えてくださいね。

まこより
 
広島ブログ
2008-04-13(日)

ロシアンアコーディオン、バヤン



ドイツの街で今回見つけたストリートミュージシャンは、
2人組のバヤン奏者。

バヤンはアコーディオンの一種でロシアの民族楽器だそうです。
一般に知られているアコーディオンは持ち運び可能な重さだけど、
このバヤンはとにかく重い !
場所を変えて路上で演奏してまわる彼らは、
頑丈なコロの付いた大きなキャリーで運んでいました。

演奏は、
とにかくその バヤンの深い音の広がりにただただ圧倒されました。
バッハ、ビバルディ、モーツァルトからピアソラのタンゴまで、
彼らのレパートリーも幅広く、どこまでも力強く.......
演奏を聴いている間は一瞬にして神秘的な世界へ。


電池が足りなくて20秒しか撮影できませんでしたが、
少しでも雰囲気を味わってみてください。





ただひとつ残念だったのが、
彼らの素晴らしいバヤンの演奏に惚れて CDをその場で買ったんだけど
家に帰って聞いてみたら ただの空のCD.....なんにも音が入ってない

手作りのCDだったので、
彼らはCDロムに焼いたつもりが音が入ってなかっただけかも ....。

手作りCD作りは念には念を押して確認してから販売しないといけないな、
と 15ユーロで教えてもらいました...(^-^:)


広島ブログ
2008-04-12(土)

名前はプルズ、9歳です

妹、まさこの初コンサートがお陰様で無事終わったかと思えば
次はさといもの会のプルズコンサート (略して プルズ) が近づいてきました。

毎年春の定例コンサートとして続けてきたプルズも今年で9年目を迎えます。
変な例えかもしれないけど、私が9歳の時はもうしっかりともの心もついてたよなぁと思うと、
プルズの成長を見続けてきた両親の気持ちはもっと感慨深いものがあるんじゃないかな。
それよりも、毎年プルズが近づいてくると舞台の構成や進行、曲目のことなど プルズで頭がいっぱいになって、さとぱぱの雷オヤジ度数が急上昇 !
家庭内はぴりぴりして恐ろしいことになるので (笑) プルズ前は感慨にふけってる場合じゃないかもしれません.....。
私の頭の中では、プルズは、さとぱぱ/さとままが産みの親、そしてさといもの会の仲間/応援してくださる方々が育ての親。
こんな風に感じてます。
さといもの仲間、応援してくれる皆さんの協力なくしては成り立たないプルズコンサート。
ありがとうございます。


今年もいつもの場所、廿日市文化ホールさくらぴあの小ホールにて入場無料、
5月2日 (金) 開場1時, 開演1時30分 です。

カレンダーに思いっきり大きく印をつけといて~
みなさんのお越しを心からお待ちしています! 初めてのお客様ももちろん大歓迎 !
どうぞ、いい意味で "何でもあり "のさといもの会の音楽を楽しんでみてくださいね。

広島ブログ
2008-04-10(木)

ご飯食べよう~

"コメの需要は食生活の多様化を背景に一貫して減り続け、昨年はコメ余りで価格が約1割下落し農家では深刻な問題になっている。"
"国民1人当たりの年間消費量は、ピークだった1962年度の118キロから2006年度にはほぼ半分の61キロに減少した。" (ヤフーニュースより)

きのう、このニュースを見てごはん党の私はなんだか悲しくなりました。
そもそも、"ごはん党、パン党" "ごはん派、パン派" という言葉を聞くようになったのもここ 20年くらい ?

農林水産省が必死になって対策案を出さなきゃいけないほど低迷しているコメの需要。
おかしな話で、アメリカやヨーロッパではコメを含め日本食の人気が拡大しているように思う。
肥満が問題になっている欧米では、和食がいかに健康的で栄養バランスに富んでいるか、
和食をエクササイズの写真と一緒に紹介してある雑誌や新聞、本を何度も何度も見てきたし。
マドンナやトム クルーズ、スーパーモデルが取り入れていることで一躍話題になった マクロビオティックも
創始者は桜沢如一さんという日本人。
食を哲学し、東洋の伝統的な食文化、自然に即した食生活を基盤にした健康法ということで、日本には逆輸入という形で注目されましたね。


ごはんにお味噌汁、漬物に納豆、焼き魚や冷奴が並んだ食卓.........
こんな光景が消えてしまうことなく これからもずっと見られますように。

農林水産省HP "簡単!感嘆! めざましごはん" 何かと忙しい朝だから.... 簡単に作れるレシピ


ちなみに、ドイツで私が好んで買ってる日本米、
日の出じゃなくて "SHINODE" です。


HINODE


広島ブログ
2008-04-09(水)

初めてのスペースシャトル

今日生まれて始めて ....
生でスペースシャトルを見てきました !


1980年代に旧ソビエト連邦によって開発された
ロシア版のスペースシャトル "BURAN"が
この度 ドイツの SinsheimにあるTechnik Museum Speyer という航空宇宙博物館に買い取られ、、、、


というわけで、
ライン川を伝っての輸送途中を
すぐそこの川のほとりから見届けてきました。


この小さな町では Buranの話で持ち切りのようで、
近所の人たちもみんなわくわくして待っていたみたいです。
予定時刻よりも前に余裕を持ってライン川沿いに行ってみると、
もうすでにたくさんの見物人であふれていて わいわいがやがや。

結構肌寒かったんですが、
ビールを飲みながらのんびり待っているおじさんの姿もあり、
とてもドイツっぽい光景の中 ?
しばしの待機時間を楽しませてもらいました。


予定時刻を少し過ぎた頃、北の方角から少しづつBuranが見えてきて.......。



正直な感想は、
実際のスペースシャトルは思っていたよりも小さく感じたけれど、
これがたった1度とはいえ初飛行に成功してるんだよな......
と思いながら見ていると
何とも不思議な気持ちになりました。


来るまでは亀のようにゆっくりだと思っていた速度が、
目の前の河の上を流れていく時はあっという間に過ぎ去っていき..............


Buranが来るまで早くから待機していた人達も、
目の前を通り過ぎてしまうと
帰るのは素早く、あっという間

みなさん散々に散っていきました。


私は日本人だからなのか ?
なんだか名残惜しい気持ちがして
Buranの姿が小さくなるまで見送りました。

Buran Buran2




航空宇宙博物館では この夏公開予定だそうです。


Buranの船旅はまだ終わっていないので、
興味のある人はここから現在どこにいるかを確認できます。



ちなみに、名残惜しく見送ったBuranですが、
ドイツは現在夜なので船の旅もお休み。

ということで、実はまだ近くに停っています..^^;
2008-04-08(火)

少しGちゃんのこと、そして土曜日のミニコンサートのこと

Gちゃんのことでご心配おかけして申し訳ないです。
厳しい決断をしたことで更に気分が滅入ってるんじゃないだろうか......と私も心配していましたが、
逆に、悩んでいた問題が白黒はっきりついたことで、思い切り泣いた後は開き直っているかのようにすっきりした顔でいます。

それでも、Gちゃんが広島にいた時にチン電 に乗って
車掌さんのアナウンスや電車の音、車内のざわめきやドアの開閉の音.........
そんなものを ミニレコーダーで録音した音を
ひとり懐かしそうにヘッドフォンで聞いている姿を見つけて、
広島をいかに恋しく思っているかが伝わってきて哀れに思いました
本当に、Gちゃんが自由にまた広島に戻れる日が来ることを願ってやみません。


前置きが長くなってしまいましたが、先週土曜日、五日市のむぎの家で行われた
ミニコンサートの報告がさとままから届いたので 載せておきます。
====================================================
4月5日土曜日11時30分~12時30分 むぎの家作業所ふれあいコンサート
①ティーフォートゥ     フルート Mさん
②ムーランルージュの歌  ピアノ Sさん    
③シャルウィンダンス
④明るい表通りで  ピアノA君 
⑤蕾(コブクロ) ギターひき語り Fさん
⑥平和よありがとう ピアノ さとまさこ
⑦新曲        ピアノ さとまさこ
⑧見上げてごらん夜の星を  トランペット U君 アルトサックス Oさん
        
    みんなで歌いましょう                 
春の小川  めだかの学校 こいのぼり ずいずいずっころばし  ピアノ伴奏 Fさん  
  
 桃太郎  ウサギとカメ うらしまたろう フルートMさん フルートあゆままさん ( !)
司会さとまま
みんなで歌いましょうのコーナー進行係  さとぱぱ
 

みんなで歌いましょうのコーナーでの
さとパパの進行振りは大変面白く みんなの興味をひきつける素晴らしいものでした。
みんなが歌詞カードがなくても大きな声で歌え、子供の時の楽しい世界に浸れるのは
何と言っても、昔話しとわらべ歌の世界だからだろう!

子供の頃から祖父母に聞いて大きくなり、慣れ親しんだ昔話しとわらべ歌には格別の思いがある。
会場を二手に分けて、半分が桃太郎、半分がウサギとカメを大きな声で同時に歌い、
もの凄い熱気で歌い終えることが出来た。 大成功!
さとぱぱがどうして "昔話しとわらべ歌" にこだわるのか、それがよく分かった今回のミニコンサート、みんなで歌いましょうのコーナーだった。
さあて、プルズはどんなものになるのかな。 下準備は大変、それでも今から楽しみです。

むぎの家作業所の仲間たち、ご家族の方、職員さん、毎年お会いできるのを楽しみにしています。今年もありがとうございました!
参加出演してくれたさといものみんな、いつもどうもありがとう!

さとままより


広島ブログ
2008-04-07(月)

トラウマ

今月末にプルズコンサートの出演を兼ねて
Gちゃんと一緒に日本に短期滞在する予定だったのが
Gちゃんの精神的な問題で取り止めになり、
私ひとりで帰国することになってしまいました。

Gちゃんとしては 1年ぶりの日本、
さとファミリーや
懐かしいさといもの仲間に会えるのを楽しみにしていただけにショックですが、
心の悩みはとても繊細で奥深く,,,、

きっと本人にしかその本当の痛みは分からないんだろうと思います。


きのう、さとままに Gちゃんが日本に帰れなくなった報告をしている時、
Gちゃんもさとままの優しい声を聞きながら涙をぽろぽろこぼしていました。


会いたい人がいるのに会えない。
会いに行きたくても叶わない。

胸が苦しく切ない思いをしています。


実は今回のプルズで、
あゆままさんのソプラノリコーダー、
私のアルトリコーダー、
そしてGちゃんのギターでステージに立たせてもらう予定でしたが
その夢も結局流れることになり、
楽しみにしてくれていたあゆままさん、
そして構成を組んでいたさとぱぱに迷惑をかけ本当に申し訳ないです。

近い将来、
何を気にすることもなく自由な気持ちで
Gちゃんが日本に戻れる日を心から願っています。

2008-04-05(土)

次女の週末の楽しみ方

先日街で出会った " 現代の笛吹き男 NANA ANSONG" のことを書きましたが、

ドイツ、イギリス、フランス、イタリア....
いろいろな国を訪れてみて思うのは、
一芸ある人が外でそれを披露する姿が
日常の当たり前の風景として溶け込んでいるってこと。

ミュージシャンを始め、
手品師に絵描き、ピエロや
自分を銅像に見立ててじっと静止してる人。

私にとって、彼/彼女らの個性や情熱は
大きなインスピレーションを与えてくれる。

Nana Ansong Ekaki-san Mahoutsukai



ジャンルに関係なく、
外で芸人さんを見つけたらわくわくして立ち止まり、
ほんの束の間だけど
ほかのわくわくして立ち止まっている人達と楽しい時間を共有する。
楽しませてもらった後は、
心ばかりのお礼を残して去る。

この一期一会が楽しくて、
ストリートアーティストが多い週末はたいてい街を歩き回ってる。
その時は楽しくて気付かないけど
実際はかなりの距離を歩いているので、
自然と身体もシェイプアップ


そんなわけで、この週末も街を歩き回ってきます
今回はどんなストリートアーティストに会えるのかな。


広島ブログ
2008-04-04(金)

皆にありがとう そしてピアノにありがとう

さといもの会のブログをごらんの みなさん 次女の日記楽しんでもらってうれしいです。
三女のまこです。

今日の日記のタイトルどおり、みなさんのおかげで 30日まこ楽しい初の記念コンサートなりました。
雨のなか、まこのコンサートみにきて頂きありがとうございました。

皆に感謝してます。

ピアノと出会わなかったらまこは、いっしょうピアノで色々な曲つくれなかったとおもいます。

新曲もどんどんできているし、フルートNさんホルン奏者のFさんのために作った曲もあるし、またいつかどこかでみなさんの前で演奏ができたらいいなと思っています。

楽しみにしていて下さい。
これからもまこをはじめさといもの会をはじめさとファミリーを宜しくお願いします。



広島ブログ
2008-04-03(木)

1時間早起きする理由

3月31日から、ドイツはサマータイムになった。

通常日本との時差マイナス8時間なのが、
夏時間が終わる10月の最終日曜日までマイナス7時間になる。


サマータイムって日本人の私には馴染みがなくて、
寝ている間に時計の針が1時間進むなんて、
ミヒャエル・エンデのモモの世界みたい。

エネルギー節約
という本来の目的が果たされているかどうかはわかりませんが、
太陽大好きなドイツ人がテーブルと椅子を外に出して
ビールを楽しんで飲む季節がもうすぐやって来ることを感じさせてくれる。

のかどうかはわかりませんが。


外で飲むビール!


写真は、Gちゃんのリリーおばあちゃん。
本文とは関係のないイギリスのおばあちゃん。

広島ブログ
2008-04-01(火)

ウソのようなホントの話.........ドイツの笛吹き男

3月30日妹まさこの初コンサートを終えて、
まだまだ幸せな興奮が続いてるさとファミリー

陰で支えて下さってるみなさん、
あたたかい言葉をくださったみなさん、
長いお付き合いの旧友のみなさん、
大先輩、恩師の方々.........
そして、会場に来てくださったみなさん、

すべての方の真心がまさこをはじめ、
さとファミリーの音楽のパワーになっています !

本当に本当に、ありがとうございます


私もドイツにいながらすっかり幸せと興奮に包まれ、
そして、反省点をふまえた上での次への課題も見えてきたところです。
もう一度 !
本当にありがとうございます!



..........ところで、

グリム童話にもある "ハーメルンの笛吹き男"ってご存じでしょうか。


(私はいつも、ブレーメンの音楽隊とごっちゃになって
つい "ブレーメンの笛吹き男"って言ってしまうんだけど)



ハーメルンはドイツの真ん中に実在する場所なんだけど、
このお話は
13世紀末にこの町で実際起こった不可解な事件が元になってるそうです。

(詳しくは、イラストレーター後藤樹史さんのホームページ
"ハーメルンの笛吹き男" ~子供の集団失踪事件と童話に隠された真実~ をご覧ください。


本当は恐ろしく、悲しい実話が元になっている童話や童謡、絵画って
世界中にたくさんあるものですね。

グリム兄弟が書いた"ハーメルンの笛吹き男"では、
ネズミや村の子供たちがまるで催眠術にでもかかったかのように
男の吹く笛の音色に惹きつけられて姿を消しますよね。
"笛の音色で催眠 " "笛で生き物を操る"
..........それが可能かどうか、この話が真実だったのか、
謎は残るけれど、
それでも今の私は信じます !


というのも実はきのう、
ケルン大聖堂前の広場を人込みにまぎれて歩いていた時、
突然すーっと耳に一直線に響いてきた音がありました。
行かなきゃいけない用事があるのにもうそんなことすっかり頭から抜けて、
ただただその音のする方向へ向かって歩いてて。。。
大体100メートルほど歩いた先に、
背のちっちゃい男の人が、
竹笛を吹きながら片足でパーカッションを踏んでいるのを発見!

それからしばらくは彼の竹笛とボディーパッカッションの演奏に聞き惚れて
その場を動けなくなって。
一緒にいたGちゃんが強引に彼の催眠から解いてくれた次第です。

その後、
用事を済ませて駅まで歩いていると、
突然 ぴーーーーーーーーーーん とまたあの笛の音が !
もう本当に冗談じゃなくて、
またまた自然と足がその音の方向へ向かって行こうとするんです。。。
不思議なことってあるもんだ。

2度目は
Gちゃんに半ば羽交い締め? にされ必死になって止められてしまいましたけど。

現代の笛吹き男 NANA KWESI ANSONG"

ちょっとだけだけど、きのうのストリートパフォーマンスの様子です。



広島ブログ

さといも会員募集中♪

プロフィール

satofamily

Author:satofamily
音楽ボランティア活動日記♪
三女まさこ ( 通称まこ ) の音楽便り♪
と、時々はさとファミリーのつぶやき。

主に 三女まこと次女が広島から書いてまーす♪

カテゴリー
最近の記事+コメント
過去の日記 +

2016年 01月 【3件】
2015年 09月 【4件】
2015年 07月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【2件】
2015年 02月 【2件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【6件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【3件】
2014年 05月 【11件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 05月 【22件】
2013年 04月 【17件】
2013年 03月 【20件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【12件】
2012年 12月 【9件】
2012年 11月 【9件】
2012年 10月 【10件】
2012年 09月 【31件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【10件】
2012年 06月 【8件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【22件】
2011年 12月 【10件】
2011年 11月 【6件】
2011年 10月 【2件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【18件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【14件】
2011年 02月 【4件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【6件】
2010年 11月 【1件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【5件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【32件】
2010年 06月 【24件】
2010年 05月 【9件】
2010年 04月 【15件】
2010年 03月 【22件】
2010年 02月 【25件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【17件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【11件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【12件】
2009年 03月 【7件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【8件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【27件】
2008年 10月 【43件】
2008年 09月 【44件】
2008年 08月 【31件】
2008年 07月 【28件】
2008年 06月 【24件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【18件】
2008年 03月 【32件】
2008年 02月 【18件】
2008年 01月 【8件】
2007年 12月 【6件】
2007年 11月 【5件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【9件】
2007年 08月 【3件】

★ 天気予報★
参加しています♪
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
日本語JP → 英語GB自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。